表現力養成添削講座対象:中3

受講内容

平成28年度入試より、公立高校の入試は原則1本化されました。それまで前期選抜国語で行われていた小論文は廃止されましたが、後期選抜国語で出題されていた作文は、レベル別に3パターンで出題されます。公立高校を目指していく上で、作文を書く力は欠かせないものと言えます。
佑学社・大阪教育・TOPiAでは、今年も大切な作文力の養成のために、9月より「表現力養成添削講座」を開講いたします。
この講座では、作文の書き方の基本から学習を始め、やさしい課題から実践的な課題へと段階を踏んで練習を積み重ねていきます。もちろん、大阪府の過去20年分のテーマを分析し、出題される可能性の高いものを練習していきます。
月に1回だから無理なく、知らず知らずのうちの力がついていきます。公立志向が高まり、ますます厳しい競争となる公立入試に向けて、この添削講座をご活用ください。

講座の流れ

全6回の添削で、「学習→実践→評価」のサイクルを繰り返し、確実な得点力を育成!

  • 「専用テキスト」で学習
  • 「添削課題」を提出
  • 「添削済答案」「解答例」を返却
実施期間
9月〜2月
受講費用
1,200円/回(税別)